竜巻発生時、命を守る安全な避難場所は?

 | 防災士
仙波 誉子

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

「竜巻注意情報」が発表されたら、まずは空の様子に注意

竜巻発生時、安全な避難場所は?今年は竜巻が相次いで発生し、短時間で住民や建物に大きな被害をもたらしました。竜巻は日本の各地で季節を問わず、台風、寒冷前線、低気圧に伴って発生します。また、地球温暖化の影響で、竜巻が起きやすい気象条件が増えているという予測もあります。

竜巻の可能性が生じた場合、発生の数時間前に「雷注意報」、そして1時間前までには「竜巻注意情報」が発表されます。「竜巻注意情報」が発表されたら、まずは空の様子に注意してください。

■空が急に真っ暗になる。
■雷鳴が聞こえたり、雷光が見えたりする。
■ヒヤッとした冷たい風が吹き出す。
■大粒の雨やヒョウが降り出す。

発達した積乱雲が近づく兆候が見えたら、直ちに身の安全を確保してください。特に、高齢者や子どもと一緒の場合や、大勢の人が集まる屋外イベントの最中、高所・クレーン・足場などでの作業中は、早目に避難するようにしましょう。竜巻の発生を確認したら、竜巻を見続けたりしないで、すぐに身を守るための行動をとることが先決です。

屋内にいる場合は丈夫な机の下や浴槽の中に避難

【屋内にいる場合】

■雨戸・シャッター・窓・カーテンを閉め、窓から離れる。
■地下室や建物の最下階で、できるだけ家の中心部に近い、窓のない部屋に移動する。
■部屋の隅・ドア・外壁から離れる。
■丈夫な机の下や浴槽の中に身を隠し、両腕で頭と首を守る。

【屋外にいる場合】

■近くのマンション・オフィスビルなどの鉄筋コンクリート造りの丈夫な建物に避難する。車庫・物置・プレハブを避難場所にしない。
■避難できる建物が無い場合は、近くの水路やくぼみなど、なるべく狭い所に身をふせ、両腕で頭と首を守る。
■飛来物に注意する。電柱・太い樹木・窓ガラスが多いビルなどには近づかない。

竜巻など激しい突風を即時的に予報する「竜巻発表確度ナウキャスト」が気象庁のホームページで提供されています。あらかじめ見方を確認しておいて、いざという時に活用しましょう。竜巻は、非常に早いスピードで近づいてきます。いざ竜巻が近づいた時にとっさに行動できるように、日頃からシュミレーションしておくことが肝要です。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop