星野監督のマネジメントに学ぶ、経営者が叱らない組織づくり

 | キャリアコンサルタント
村山 るり子

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

「選手を叱らない」星野監督のチームマネジメント

星野監督のマネジメントに学ぶ、管理職が「叱る」組織づくり東北楽天ゴールデンイーグルスが球団創設9年目でリーグ初優勝を果たしました。星野仙一監督は、中日ドラゴンズ、阪神タイガース、そして今回の楽天と、これまで率いたすべてのチームで優勝したことになります。名将といって間違いないでしょう。星野監督といえば、「鬼の星野」と呼ばれ、昔は鉄拳制裁も辞さない「怖い監督」でした。しかし、今は選手をあまり叱らないといいます。ただ年齢を重ねて人間的に丸くなっただけなのか。そうではありません。現在の星野監督のチームマネジメントの柱は、「コーチを叱る」ことにあるのです。監督がコーチを叱りつけることで、チーム全体に緊張感を与え、意識を高めています。今年の楽天は、監督に叱られたコーチがしっかりと選手を指導できたことが優勝の大きな要因となったのでしょう。

中間管理職には「叱る」と「褒める」のバランスが求められる

企業にも「星野監督流のチームマネジメント」を取り入れることはできます。その際、成否の鍵を握るのが中間管理職です。経営者から指摘を受けた中間管理職は、時に部下を叱ったり、厳しく指導したりしないといけません。しかし、叱り方がわからず、部下を育てられない中間管理職が多いのが現状です。確かに昔と比べて叱られることに慣れていない若者が増え、近頃は「パワハラ」といわれる難しさもあり、接し方に悩んでいる傾向にあります。とはいえ、「叱る」ことは人材育成において欠かすことはできません。

叱ることが下手は人は、冷静さを失い、感情的に怒ってしまっています。そうなれば、改善しなければならない内容も「育ってほしい」との思いも相手には伝わりません。また、「なぜ叱られているのか?」といった原因と、「今後、どのようにすれば良いのか?」という改善策を伝えることを怠ってはいけません。一方的に注意したり、価値観を押し付けたりしては育成面での効果はほとんど得られないでしょう。しかも、反発を生んで職場環境さえも悪くし、生産性を著しく低下させてしまいます。叱った後には的確なフォローも必要です。中間管理職には「叱る」と「褒める」のバランスが求められます。

目標達成には、叱ることができる中間管理職が必要不可欠

相手を思うからこそ、叱ることができるのです。信念を持って叱れば、それは必ず伝わります。企業が目標を達成できるかどうかは、面倒に思える懸命な説明責任から逃げず、きちんと叱ることのできる中間管理職がいることが条件です。そのような人は、おおむね部下からの信頼も厚いため、さまざまな良い波及効果をもたらしてくれるでしょう。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop