悪質な介護施設を見抜くには?

 | 社会保険労務士
山本 勝之

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

介護施設を選ぶ際、施設で働く人に焦点を当てる

悪質な介護施設を見抜くには?高齢者が利用できる介護施設には、いくつか種類があります。よく知られているのは、「特養(とくよう)」と言われる特別養護老人ホームです。特養は、介護保険で利用できる施設です。都市部では入所するまでに数百人待ちになっているところもあり、要介護度が低いと利用できにくい現状があります。

また、「有料老人ホーム」は、高齢者が暮らしやすいように、食事、介護、家事、健康管理など、日常生活に必要なサービスを提供する施設です。入所できる年齢や、介護が付いている・付いていないなど、条件などが異なります。施設が介護保険の指定を受けていれば、介護保険の利用も可能です。

これらを利用する際、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。今回は、施設で働く人に焦点を当ててみます。

職員の身なりや挨拶の様子を見る

有料老人ホームなどでは、見学や体験利用ができる場合があるので、次の点に気をつけましょう。まず、「職員の身なりが整っているかどうか(制服の有無は関係ありません)」。清潔感があって、きちんとした身なりの人から介護を受けたいと思うのが自然です。「この職員さんから介護を受けたいかどうか」にポイントを置いて考えてみましょう。

そして、「職員と目が合ったときなどに、気持ちの良い挨拶があったかどうか」。挨拶は、人間関係を作る上で必要なコミュニケーションです。また、「相手の存在を認め、敬って関わらせていただきます」という意味も込められます。施設は、今後の生活の場になるため、職員の身なりや挨拶の様子をチェックすることは大切です。

整理整頓ができていないと事故防止や防災への意識が低い可能性

次に、「施設の中が整理整頓できているかどうか」。通路に物が置いてあったり事務室が雑然としていたり、整理ができていない施設は、事故防止や防災などへの意識が低い可能性があり、個人情報の取り扱いもあやふやになっている場合があります。整理整頓ができているか否かは「職員一人一人への教育が行き届いているかどうか」「あらゆる問題への予防策、個人情報保護などの対策が取られているか」などの目安になります。

入居すると、介護職員に生活をサポートしてもらうほか、個人的な相談にのってもらう場面も出てきます。一度決めてしまうと、他を選び直すことが簡単ではないので、施設のきれいさや規模ではなく、職員の人柄や行動に目を向けて選びましょう。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop