波平さんに見る「素敵な頑固親父」の秘訣

 | 心理カウンセラー
つだ つよし。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

波平さんは「日本人の父親像」。その魅力とは?

波平さんに学ぶ「素敵な頑固親父」の秘訣「家族の温かさ」「ポジティブ思考の大切さ」など、人生の大切なことを楽しく教えてくれる 国民的アニメ「サザエさん」。その「サザエさん」の波平役で親しまれた声優の永井一郎さんの突然の死去は、とてもショックなニュースでした。

「アニメのお父さんと言えば?」という問いに対して、多くの人が 「波平さん」を挙げるのではないでしょうか。波平さんは「日本人の父親像」としての地位を築いてきました。しかし、現代では、「イクメン」や「友だち親子」など、波平さんとは全く違うイメージのお父さんが理想とされています。では、なぜ今でも波平さんは長きにわたって「日本人の父親像」としての地位を確固たるものにしているのでしょう?

答えは簡単です。日本男児なら誰でも、心の奥で少なからず「頑固親父」に憧れているからでしょう。とは言っても、波平さんは熱血スポーツアニメの頑固親父とは違うポイントがあり、誰もが憧れる「素敵な頑固親父」としての秘訣があるのだと思います。

名台詞「バカモン」は、感情ではなく信念で叱るセリフ

波平さんの名台詞「バカモン」。いつもカツオを説教しているイメージがありますが、波平さんが「バカモン」を発する時には、必ずそこに自身の信念がある気がします。その日の気分や自分の都合ではなく、絶対的な信念にカツオが反した時のみ発している「バカモン」。だからこそ、親子関係に溝を生まず、カツオも素直に心に受入れるのだと思います

また、波平さんは言葉で教えるのではなく、自身の生き方で伝えています。最近、 私も子育てや青少年健全活動を通して感じるのですが、子どもには「教えること」と「伝えること」を分けなければならないと気をつけています。「教えること」とは、勉強や箸の持ち方など頭で理解できること。「伝えること」とは、「家族を大切にする」「嘘をつかない」「困っている人がいたら助ける」など、人生を生きる上で大切な信念や生き方です。これらは、いくら言葉で教えても子どもたちのには刻むことはできません。親の行動でしか伝えられないのです。それを波平さんは実践しています。

「素敵な頑固親父」の最大のポイントは「不完全さ」

そして、波平さんが他の頑固親父キャラと違う大きな点に「不完全さ」が挙げられます。時には酒でほろ酔い、釣りで坊主になり、勝手な勘違いもする。失敗する姿も見せてくれます。

本人が意図としているかどうかは別として、そんな姿を磯野家の子どもたちは見ています。これにより「失敗しても良いんだ」「完璧な人間なんていないんだ」と失敗を恐れない気持ちを伝えているのではないかと思われます。また、この「不完全さ」こそが、窮屈ではない「素敵な頑固親父」の最大のポイントと言っても過言ではありません。

父親は父親として子育てを。「波平スピリット」を心に

先にも述べたように、現代の理想の父親像は「イクメン」や「友だち感覚」と言うことは否めませんが、父親には「波平スピリット」が必要だと考えます。母親には母親にしかできない子育てがあり、父親には父親にしかできない子育てがある。磯野家のような家族全員のバランスが大事なのです。母親は母親として、父親は父親として、子どもと向き合うことが子どもに多くのことを学ばせ、家族のバランスの良いコミュニケーションにつながっていくのです。

今の日本で波平さんになることは容易ではありませんが、父親の皆さん、ほんの少しでも「波平スピリット」を心の中に入れてみませんか?

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop