リケジョの素質あり?文系女子との違い

 | 塾講師
櫻井 久仁子

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

脚光を浴びるリケジョ。「女子は理系が苦手」は過去の話

リケジョの素質あり?文系女子との違い小保方晴子さんの快挙により、理系女(リケジョ)が脚光を浴びています。「オシャレでチャーミングな方だったのが、驚きを招いた」という記事を読むたび「いつの時代の認識?」と思ってしまいます。

私が進学塾を始めた30年前には、本当にリケジョは少数派でした。けれども、今はかなり数が増えて、特に珍しいことではありません。理系センスの乏しい(と自覚する)私は、わが塾が誇るスーパーリケジョ2名に取材してみました。某大理学部(物理学科)を主席で卒業して旧財閥系メーカーの研究所に勤めていた女性と、現役の医大生です(蛇足ながら、二人ともオシャレでとてもチャーミング、生徒たちの憧れのお姉さんです)。

リケジョは、動くモノを見ると楽しくて好奇心が刺激される

結論から言うと、リケジョと文系女子にはかなり違いがありました。まず、興味の対象が違います。そして、興味の持ち方も異なるのです。「モノを見るのが好き。特に動くモノを見ると楽しくて『なぜ?』と思う」そうです。これが「科学する心」でしょうか。モノを見ても、好きか嫌いかで終わってしまうことの多い文系女子の私とは、根本的に違うようです。

また、知識や情報の取り込み方においても、リケジョたちは「まず理論ありきで、筋道を通すのが好き。すっきりした数式を美しいと思う。筋道が通らないと気持ち悪い」と口を揃えます。数学の公式だと「基本を一つ覚えておけばそれでOK。あとは必要に応じてその都度、展開すれば良い」と考えるそうです。

典型的文系女子の私は、何かを学ぼうとする時、ある程度の量の知識をとにかく必死で取り込んで、それからやっと分類し、関連性を見出して安心します。リケジョの彼女たちは「筋道が通って積み上がっていくのが楽しいから、勉強はちっとも苦じゃない」「新たにわかることが嬉しくて、特に努力している感じじゃない」とサラっと言います。小保方さんも、誰よりも実験量が多いと報道されていましたが、ご本人はかなりの部分、楽しんで取り組んでいらしたのでしょう。

理系度を測る物差しは、物理・化学・数学Ⅲ

さて「リケジョ」には努力でなれるのか?結論から言うと、理系度が低ければ困難です。では、「その理系度を測る物差しは?」というと、物理・化学・数学Ⅲだと私は見ています。「中学で数学や理科が好き」といった程度では測れません。物理・化学・数学Ⅲの3つのうち、最低でも2つはクリアできないと、理系の進路は険しい道となります。

理系人材の養成にはお金がかかるので、大学の入り口で厳しい選別が行われます。その典型が医学部でしょう。「理系≒優秀」となるのも致し方ないことかもしれません。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop