スキルアップ転職を実現できる人の考え方

 | 産業カウンセラー
自念 真千子

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

求人増加、日本全体で見ると景気は上向き傾向

スキルアップ転職を実現できる人の考え方アベノミクス効果で、2012年末には1万円前後だった株価が、今は1万5000円を超えています。業種によって、この恩恵の感じ方は違いますが、日本全体で見ると景気は上向きのようです。リーマンショックで世界が沈んだ5年前に比べて顕著にその傾向が出ており、ハローワークで仕事を求める人が減ったようです。厚労省や総務省が発表した数字によると、失業率は下がり、有効求人倍率が上昇しています。就職・転職しやすい世の中に変化したのかもしれません。

転職は「自分のキャリアを作りあげる過程」

日本は終身雇用の社会で、いつまでも会社に留まることに組織は力をいれてきました。しかし、終身雇用が崩れてしまった今、転職を特別なことと考えずに「自分のキャリアを作りあげる過程」ととらえるべきでしょう。そして、自分をいかに「人財」に育てあげるかです。自分の持つスキルや、どの分野で生きていきたいかをまず見つめることです。転職を考えるときには、一過性でもてはやされる「業界」探しではなく、自分が生きていくこができる業種で探すことも、将来を見すえたスキルアップ転職につながると考えます。そんな転職をした人の例を紹介します。

キャリアカウンセリングをしたとき、Aさん(男性)は42歳。大学を卒業して海運会社へ入社し、配属された船舶の保険業務を担当していました。彼の担当する商い高は、何十億という金額。最初は、その金額の大きさに現実味がなかったそうです。ただ、その金額で、自分が商売をしていることで「自分の仕事に自信が持てるようになっていった」とも話していました。船舶保険で仕事にも充実感を覚え始めた10年目に、大手都銀より「君がやっている部門を新しく設立するのでうちへ来ないか」とクライアントからヘッドハンティング。年齢的にもバリバリと仕事をしていきたい時期。転職を決めたAさんは、就業場所を東京へと移します。まったく新しい業務だったので、中途入社である彼が陣頭指揮をとって業務をこなし、数年後には、その部門の部長付きになったそうです。金融業界は、中途入社の社員への風あたりはきついと言われますが、Aさんはそんな中、日々の勉強で自分をスキルアップさせることで、その風をガードしたといいます。TOEICの試験は毎回欠かさず受験したそうです。そんなAさんは今も、これからの自分の人生をどう作り上げるかと日々模索中です。

今、求められているのは、何かあったその時々に限定する「リアクティブ(対応的)」なキャリアカウンセリングから、緊急事態が生じる前に、必要とする人に常時提供できる「プロアクティブ(予防的)」なキャリアカウンセリングです。自分でキャリアを作り上げていくことを原点として、転職をとらえてみましょう。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop