備えておきたい非常食ラインナップ

 | 防災士
仙波 誉子

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

被災経験をもとに非常食の質が変化

備えておきたい非常食ラインナップ1995年の阪神・淡路大震災以降、非常食が変わりました。以前の非常食は乾パンが主流で、「最低限の空腹を満たせば良い」という感じでした。しかし、その後、次々に発生する震災や大規模な自然災害の経験をもとに、非常食など「備え」の質が重視されるようになりました。非常食にもおいしさや栄養価、アレルギー対応などが求められ、その種類が年々豊富になったのです。災害時には、水道・ガス・電気などのライフラインが止まる可能性があります。そのため、調理不要でおいしく食べられるものが人気です。

進化した米やパン、カレーが人気

■アルファ米
非常食の主流。湯または水を注ぐだけで、おいしいご飯を食べることができます。中でも、五目ご飯が年齢を問わず人気があります。

■缶詰め入りパン
どこでも手軽に食べられます。パンは「ふっくら、ソフト」でおいしいと定評があります。

■カレー
「国民食」ともいえるくらい食べ慣れたメニュー。常温でも油脂分の分離がなく食べられるものや、ライス入りのものもできています。

■お菓子の缶詰
ストレスが多い環境において、誰もが知っているようなロングセラーのお菓子は、おいしさに加えて食べ慣れた安心感を与えてくれます。脱酸素剤によって酸化を防ぐなど、長期保存を可能にしています。

■発熱剤内臓の非常食
牛丼、ハヤシライスなど。価格は高めですが、熱源や水がなくても温かい食事が手間なくとれます。

家族構成に合わせた備えが必要

■おかゆ
高齢者・病人・乳児の非常食に最適です。被災時に食欲が減退したときにも、水分が多く食べやすく、消化も良いのでオススメです。加えて味噌汁も。

■カロリーメイト
栄養バランスがよく、カロリー制限の必要な人にもオススメできます。コンパクトなので携行にも便利です。水分もご一緒に。

■アレルギー対応食品
お米の主要アレルゲンを95%カットしたご飯や卵アレルギー対応パンなど、アレルギーを持つ人は、体質にあった備蓄をしましょう。

以上のように非常食の種類は豊富にあります。しかし、避難所が備蓄する量には限りがあります。家族構成に合わせ必要なものを備えてください。そしてペットを飼っている人は、ペットの食事もお忘れなく。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop