親の代理婚活で子どもの結婚を後押し

 | 仲人士
吉田 明子

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

親の代理婚活で、子どもにメッセージを伝える

親の代理婚活で子どもの結婚を後押し年頃の子どもを持つ親にとって、「結婚」はとても気になるもの。「仕事が忙しく、プライベートの時間がないようだけれど、交際相手はいるのかしら」「休みといえば家にいるけれど、結婚したいと考えているのかしら」と心配するものの、なかなか本人に聞けずに困っている人も多いのではないでしょうか。また、「友人の子どもが結婚し、孫の話などを聞くとうらやましくてたまらない。このまま放っておいては、一生結婚できないのではないか」といった焦りもあるかもしれません。理由はどうあれ「動かないわが子に代わって婚活を始めよう」と一大決心をして、親の代理婚活を始める場合もあることでしょう。

しかし、親同士がお見合いをして気に入ったとしても、当人同士の相性の確認が必要です。その前に、親が選んだ人に「子どもを説得して会わせる」という高いハードルがあります。親の代理婚活は難しい面がありますが、子どもに「心配している」というメッセージを伝える意味では有効です。また、「ご縁」につながるルートを多く持っていることで、どこからか「良い話」が入ってくる可能性が広がります。

今の時代、自然に出会えるチャンスが減ってきている

では、実際、どのようにして子どもを説得すれば良いのでしょうか?子どもの重い腰を上げさせるには、「自分(親)は乗り気ではないが、仕方なく」という言い訳があれば良いのです。この作戦で何人もの人が実際に活動を始めています。最初の一人に会うことができれば、それからは積極的に自分から動いていく傾向にあります。勉強でも何でも、本人にやる気がなければ、望む結果は得られないものです。しかし、「なんとかしてあげたい」という親心は、きっと子どもに通じるはずです。

今の時代、自然に出会えるチャンスが減ってきています。「子ども自身がなんとかするだろう」と気楽に待っていると、婚期を逃すことにもなりかねません。婚活を始められない本人に代わって、そのきっかけを親が与え、子どもをサポートする。そういう選択肢もあるのです。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop