ビジネス英語上達のコツは中学英語

 | 英会話講師
ゴーン 恵美

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

ある程度のビジネス英語は誰でも習得できる

ななつ星クルーに!ビジネス英語上達のコツ昨年10月に運行を始め、話題になっている豪華寝台列車「ななつ星 in 九州」。この秋の第二期クルー募集が発表されました。今期は集客の半分がアジア富裕層をはじめとする外国人がターゲットということ。となると、期待されるのは、外国人を相手に英語での接客ができるクルーです。

国際語である「英語」。その英語を仕事で使うには、どのような心構えが必要なのでしょうか?ビジネス英語と言えば、難しい印象を持たれますが、シンプルな英語が基本です。つまり、ある程度のビジネス英語の習得は誰でも可能なのです。

レベルによっては、さまざまな英語表現、必要語彙(い)と多角的に究めていく必要はあります。しかし、自身の持つ英語力を駆使し思いを伝えようとする姿勢が、最も大切です。接客、交渉、そして会議などでは、即座にやり取りする能力が不可欠ではありますが、「あわてず丁寧に」を徹すれば、話すことに恐れはなくなるはずです。

外国語は、多くを聴くことから話せるように、そして、多くを読むことから書けるようにと鍛えられます。それでは、具体的にどのように努力をしたら良いのでしょうか?

中学英語をしっかりと見直せばビジネスにも使える

まずは、中学英語の基本を確認しましょう。これは、書くビジネス英語でも、話すビジネス英語でもとても役に立ちます。「中学英語の文法なんて受験英語じゃあるまいし」なんて思ってはいけません。中学3年生までの文法をしっかりとおさえてさえいれば、後はレベルに応じた語彙や表現の開拓です。

そして、中学英語で学ぶ短い英文をたくさん、何度も音読しましょう。例えば「Thank you!」という英文を耳にした時、頭の中で「あなたに感謝⇒ありがとう」と翻訳をしていますか?おそらく、していないと思います。使えそうな短い英語をたくさん音読していくことで、すべての表現は頭の中で翻訳されずに、英語のまま理解され、英語回路を作り、それが英語脳作りへと貢献してくれます。

基本をつかんだ後、次に挑戦してほしいことは、実際に使ってみること。シンプルな基本英語だからこそ、主語を入れ替えたり動詞を選んだりしながら、簡単に応用できるはずです。そして、小説を読んだり、ニュースを聴いたり、次の段階に少しずつ引き上げていきましょう。話すビジネス英語については、スピードよりも発音をしっかり意識してください。

それぞれの国で第二言語として使われる、やや癖のある英語たちは「World Englishes」と呼ばれるようになりました。ネイティヴのような自然な英語で話せるように、きれいな英語を毎日聴いて、英語を楽しんでください。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop