クールビズ、2014年のトレンド

 | ビジュアルブランディングプロデューサー
斉藤 典子

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

機能素材のアイテムを活用し、快適なビジネススタイルを

クールビズ、2014年のトレンド今年で10年目になるクールビズ。当初は6月1日~だったものが、東日本大震災以降、節電を意識して5月1日~になっています。開始当初は、突然ノーネクタイと言われて戸惑う人も多く、「ネクタイを外すだけ」というスタイルで、だらしなく見えがちな人も見かけました。しかし、最近では認知度も昨年度で94.9%に上がり、「ファッション」と「エコ」の両面のビジネススタイルとして定着しています。

ノージャケットの際の必需品ともいえるのが、衿付きのシャツやポロシャツ。最近では機能素材が充実し、高通気性や吸汗・速乾性、遮熱性、UVカットに始まり、洗濯後の乾燥性など日常の利便性にも配慮したものも出ています。さらに、ドライな肌触り、着用感や色や表面加工にも考慮した、ファッション性を兼ね備えるアイテムも。

シャツは、汗やシワによって時間が経つほど、ヨレてだらしなく見えていきます。こういった機能素材でシワのよりにくいもの、速乾性の高いものなどを活用して、すっきりした装いで気持ちよく仕事をしましょう。

今年はジャストサイズの白パンツでアップグレード

そこで、今年のクールビズファッションとして、活用してほしいアイテムが「白パンツ」。さわやかにコーディネートの幅を広げてくれるため、オススメです。「白パンツは仕事柄難しい」と気になる場合は、明るめのベージュやグレー系のパンツを取り入れてみてください。

その際の注意点が「サイズ感」。明るめの色のパンツを履いて、余計なシワがよっていたり、オーバーサイズであったりすると、それだけでだらしなく見えてしまい、かえって印象は逆効果です。特に男性は、女性のファッションと比べて洋服のシルエットはシンプルです。サイズ感がちょっと違うだけでも印象に大きく差が出ます。ジャストサイズで、スッキリと着こなしましょう。また、シャツスタイルをカッコ良く決めてくれるアイテムとして胸元にポケットチーフを入れるだけでもぐっとスタイリング度があがります。

そして昨年から見られるようになってきたのが、男性用の日傘。黒い色が多いですが、グレーや柄物なども上手に取り入れて、傘も含めた全身のコーディネートバランスを取ると、さらにステキに見えます。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop