ビアガーデンでおいしく飲むコツ

 | 利酒師
鎌田 孝

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

おいしく飲むには、「終わり良ければすべてよし」の気持ちで

ビアガーデンでおいしく飲むコツ初夏の到来とともに、全国各地で始まる「ビアガーデン」。東京や大阪、札幌など全国各地で、その人気は絶大です。今や消費比率は36%と、ビールはアルコールの筆頭と言われる存在。発泡酒や第3のビールと言われるものまで含めると、ビアテイストの人気は衰えることがありません。しかし、反面、今の20代前半の若者のアルコール離れは顕著で、特にビール離れ、日本酒離れは、「今後のアルコール情勢を左右する」とまで言われています。アルコールはどんな種類のものでも「飲み方」が大切です。そこを間違えると、その酒類が嫌いになってしまいます。

おいしく飲むことは、その瞬間だけではなく、飲み終えたあとも含めて決まります。大騒ぎをして、まわりに不快な思いをさせる飲み方は良いとは言えません。「終わり良ければすべてよし」の気持ちで飲みましょう。

ビールだけ飲まず、程よい塩分を含んだおつまみと一緒に

これからの季節、新入社員であれば新人研修が終わって配属される部署が決まり、上司との飲み会や、取引先とのお付き合いも増えてくる時期です。その中でも「ビアガーデン」は、仲間と飲む絶好の機会かもしれません。

どんなにおいしいビールを飲んでも、翌日に「二日酔い」になると、せっかくのビアガーデンも忌まわしい思い出になります。まず「ビールだけ飲まない」ことです。程よい塩分を含むおつまみはビールとの相性は抜群です。枝豆や唐揚げなど、たんぱく質を多く含むフードなどと一緒に楽しみましょう。決して、空腹の状態で「がぶがぶ」飲まないこと。アルコールは胃で20%、小腸で80%が吸収されます。空腹の場合、一気に小腸にビールがなだれ込み、すぐに「べろべろ」になります。「一気飲み」など言語道断です。最も恥ずかしい飲み方であり、まわりから冷たい視線を浴びることになるでしょう。

また、おいしく楽しく飲むために、ペットボトルなどで「水」を持参するのもオススメです。アルコールを摂取すると脱水症状が進みます。水を飲むことで二日酔いの防止にもなり、酔うスピードが遅くなります。

衛生管理の行き届いたビアガーデン選びが最も大事な要素

昔と違い、今は清潔なグラスで提供するお店が多くなりました。ビール会社直営のビアガーデンでは特に行き届いた衛生管理をしています。ホテルなどでも同様です。おいしく飲むコツは、ビアガーデンが最も大事な要素と言っても過言ではありません。

アトラクションなど多彩な「おもてなし」で楽しめるビアガーデンで、衛生的でノド越しさわやかなビールを飲んで暑い夏を乗り切るエネルギー充電をしてください。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop