火山噴火に備えるべき防災用品と心構え

 | 防災士
仙波 誉子

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

今年の5月に箱根山で活発な火山活動が確認

火山噴火に備えるべき防災グッズと意識日本には110の活火山があります。そのうち47の火山が、火山噴火予知連絡会により「火山防災のために監視・観測体制の充実等が必要な火山」として選定されています。昨年の9月には御嶽山が噴火し、今年の5月には、箱根山で活発な火山活動が確認されました。

噴火は降灰被害など、想像以上に広範囲に長期間被害をもたらす可能性があり、居住地域が火口周辺にある人や登山客のみならず、皆で日ごろから噴火対策を考えておく必要があります。

噴火による被害は多岐にわたる

噴火対策として、まず、日本各地の火山噴火の危険性を示すハザードマップを確認しましょう。国土交通省のハザードマップポータルサイトで入手することが可能です。活火山はひとたび噴火すると、噴石や火砕流、土石流、火山泥流等が、短時間で居住地域に襲来する可能性があります。気象庁では火山情報や降灰予測などをインターネットで配信していますので、あらかじめ危険な地域を確認しておくことが大切です。

噴火による被害は、火口の場所や規模、種類、時期、継続期間などにより、多岐にわたります。特に降灰被害の範囲を予測することは難しいのが現状です。火山灰は道路に積もって交通機関を麻痺させ、上下水道施設、建物、機械、自動車等々あらゆる所に入り込んでダメージを与え、日常生活を混乱させます。また、屋根に積もった火山灰が水を含むと、荷重がかかり家がつぶれる危険性もあります。さらに、火山灰で呼吸器障害を起こしたり、眼に傷をつけたりする場合もあります。

防塵マスクと防塵メガネ、清掃用具が必要

噴火対策用に備える最低限の備えとして、震災対策用の防災・避難用品に加えて、防塵マスクと防塵メガネ、清掃用具が必要になります。降灰被害を経験している鹿児島市では、竹ぼうきや角シャベルを職場や家庭で用意しており、一定量以上の降灰がみられる際には、鹿児島市から各家庭に「克灰袋(こくはいぶくろ)」というポリ袋が配布されます。集めた灰を克灰袋に詰めて指定の場所に出すと、無料で回収されるそうです。

火山灰の対策方法ついては、国際火山災害健康リスク評価ネットワークがわかりやすいパンフレットを作成していますので、参考にして下さい。

命は自分で守る「自助」の心構え

地震や台風などと異なり、噴火は日本で多くの人が経験したことのない災害です。しかし、全世界の約7%の活火山が存在する我が国において、噴火対策は日常から考えておく必要があります。

万が一を想定して避難場所や連絡方法などを家族で話し合い、避難用品を備蓄しておくことが、自らの命を守ることにつながります。「自分は大丈夫だ」と楽観視しないで、自分の命は自分で守る「自助」の心構えをしっかりと持っておきましょう。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop