老後を豊かにする「おひとりさま女性」の資産形成

 | ファイナンシャルプランナー
山中 伸枝

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

保険加入に関心が高い30代から40代の女性

老後を豊かに、おひとりさま女性の資産形成最近、生命保険会社が販売する民間の「年金保険」や「介護保険」に加入する女性が増えているそうです。特に保険加入に関心が高いのは30代から40代の女性たちだといいます。

背景には、女性の晩婚化や非婚化が指摘されていますが、事実、日本女性の平均寿命は世界でも類を見ないほど伸びており、「長い老後に備える」ことは非常に賢い行動です。もちろん独身、既婚に関わらず、自分自身の人生を自分で舵取りする姿勢は、自立した女性としても重要なことといえます。

民間保険以上の節税効果「確定拠出年金」を検討すべき

しかし、保険に加入すれば、老後の備えとして万全なのでしょうか?まず、老後の資産形成をするにあたり必要なことは、「貯蓄の目標額」を定めることです。これは国が発行する「ねんきん定期便」から将来もらえる年金額を試算し、生活費との差額を求め算出します。

老後を豊かに過ごすための資金額の目安ができたら、準備するための具体的方法を考えます。民間の年金保険は身近な商品かもしれませんが、会社員や自営業であれば、個人型確定拠出年金という選択肢もあります。確定拠出年金は、とにかく税金が優遇されています。民間保険以上の節税効果がありますので、対象者は検討すべき選択肢です。

お金にも働いてもらい、そして、自分自身もしっかり働く

そして、老後に備えるために、もうひとつ大事なことは、「収入を得ること」です。今、お仕事をしていない場合は、再就職について考えてみましょう。また、現在お勤めの人は、今後のキャリアアップのための計画を立ててみましょう。

収入が増えれば、将来のための貯蓄に回せるお金が増えますし、長く働ける仕組みができれば、老後年金だけに頼る必要もなくなります。お金にも働いてもらい、そして、自分自身もしっかり働く。それが老後の備えとして、最も大切な考え方ではないでしょうか。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop