残暑に気をつけたい痛風の原因と予防法

 | 内科医
大西 勝也

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

<h3夏場に起こりやすい>痛風患者数が急速に増加

残暑に気をつけたい痛風の原因と予防法国民生活基礎調査(2004年)では、「痛風で通院中」と回答した人が全国で 87万4,000人。痛風患者数は急速に増加傾向にあり、10年前に比べて約2倍、現在ではさらに多くの患者が罹患していると考えられます。痛風発作は夏場に起こりやすく、残暑が厳しい時には注意が必要です。では、痛風がなぜ、暑い時期に多いか考えてみましょう。

痛風は血液中の尿酸値が高いのが持続した結果、関節内に尿酸でできた結晶が表れ関節炎を起こしている状態です。特に足の親指の付け根やかかとなど足の関節に起こりやすく、赤く腫れ、強い痛みを生じます。血液中の尿酸値が高い人がなりやすいといわれています。ただし、痛風発作が起こっている時には、血液中の尿酸値は下がっています。

イメージとして、家の屋根に雪が溜まっている状態を想像しましょう。雪の高さを尿酸値と考えてください。雪が高くなるとある高さで、雪はどさっと崩れて地面に落ちます。その状態が痛風発作です。また、雪が地面に落ちれば、それまで屋根に積もっていた雪は低くなります。すなわち、発作中には尿酸値は低く出ます。

夏場で疲れが溜まると体は酸性に傾く

痛風発作中は、できるだけ痛む部分を動かさないように、擦り付けないようにし、痛いところを冷やしましょう。アルコールの摂取は、痛い間は控えてください。急性期には薬で尿酸値を下げるとかえって痛みが強くなるため、尿酸値を下げる薬は使わず、痛み止めを使います。ただし、アスピリンは尿酸値を下げる働きがあるため使用しません。

血液中の尿酸の濃度が上がるば、痛風は起こりやすくなります。夏場に痛風発作が多くなる原因には、尿酸をあげるような食べ物の摂り過ぎだけではなく、脱水により血液中の水成分が低下するため、尿酸値の濃度が上がるということも考えられます。また、体が酸性に傾くと尿酸が関節内に結晶化しやすいのですが、夏場で疲れが溜まると体は酸性に傾きやすくなり、尿酸値が変わらなくても痛風発作が起こりやすくなります。

残暑を痛風発作なしに乗り切るには?

尿酸のあげるような食べ物としては、干物やレバーなどがありますが、何より重要なのは、カロリーを摂り過ぎないことです。すなわち、食べ過ぎないことが一番です。アルコールを控えることも重要です。尿酸のもととなるプリン体の多いビールだけではなく、すべてのアルコール自体が尿酸を増やし、尿酸の排出も妨げてしまいます。

脱水を回避するには、こまめな水分補給が重要です。コーヒーなどのカフェイン飲料やアルコールは利尿効果がつきますので、たくさん摂取しても、その分尿として出てしまうことを考慮する必要があります。酸性になっている体をアルカリ性に戻すには、野菜、海藻類などのアルカリ性食品の摂取がお勧めです。このように、海藻類や野菜を含む栄養バランスのいい食事をとり、十分な水分をとり、アルコールは飲み過ぎないようにして、残暑を痛風発作なしに乗り切りましょう。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop