介護疲れから人生を悲劇にしないために

 | 心理カウンセラー
青柳 雅也

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

介護による悲劇

介護疲れから人生を悲劇にしないために日本の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合が約25%となり、日本人の4人に1人が高齢者になるほど、少子高齢化が進んでいます。「介護」というワードは、これからの日本に無視できないワードとなっていくとともに、介護者がうつ病などの精神疾患になったり、時には殺人事件につながるような悲劇をニュースで見かけるようになりました。

2006年に京都市伏見区で起きた認知症の母殺害事件は、世間に大きな波紋を広げました。当該事件で承諾殺人罪に問われ、有罪判決を受けた長男が2014年8月、大津市の琵琶湖で命を落としました。親族の証言から、自殺とみられているようです。事件前、彼は介護のために会社を辞め、役所に生活保護の相談をしたものの、「まだ働ける」と断られたとのことです。判決が出た際には、法廷で「母の分まで生きたい」と約束していました。

各地でも同様の事件が起きている

彼が亡くなる際に所持していたカバンには、自分と母親のへその緒、そして「一緒に焼いて欲しい」というメモ書きが入っていました。所持金は数百円で預金はなし。「彼は最後まで孤独から抜け出せなかった」。親族の男性は、新聞社の取材に無念さをにじませ語ったそうです。

このような悲劇的な事件は各地で起きています。報道されていない事件を想定すれば、さらに多くのことが起きているのではないでしょうか。この介護による事件について、心理カウンセラーとして考えてみます。

人間の強みとは

人間は、チーターのように早く走れるわけではありません。ライオンのように鋭い牙と強い顎があるわけでもありません。ゴリラのように力が強いわけではありません。なぜ、これほど人間は地球上で発展したのでしょうか。その一つとして他の動物との顕著な違いが、「集団性」です。人間に近い動物と比較してみると、「猿…15頭」「ゴリラ…35頭」「チンパンジー…65頭」など、動物によって差はあれど、この程度の群れを形成することができます。しかし、人間はなんと150人もの集団をつくることができたのです。

社会から小さなコミュニティーまで、多くの人間と関わるということは、この介護という問題にも重要なことではないでしょうか。公的な介護の社会保障制度を知るというのも、個人がその存在自体を知らなければ、行動に移すことさえ難しいでしょう。

人は、大丈夫であれば大丈夫だと安心し、大丈夫でない時には、早急に変化が起きてほしいと考えがちです。どんな状態にあっても、なってしまう前の対策が善処です。法は法でしかありません。制度は制度しかありません。その背景に人間の心があってこそ、意味を持ちます。仏教の考えで「諸行無常」という教えがあります。この世に存在する全てのものは変化するという意味です。法律や制度もまた、社会に沿って変化してゆくことが必要なのでしょう。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop