愛犬にとっても快適な家づくりで注意するポイントは

 | 建築家
栗林 勇

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

犬種や愛犬の性格をよく考えて家づくりを

生前からの対策必須!孤独死の裏で遺されるペットの行く末犬を飼っている愛犬家の方は、皆さん口をそろえ愛犬は「家族の一員」と答えられるのではないでしょうか。
日々愛情を注ぎ暮らされている事と思います。愛犬と暮らされている中で、愛犬の体の特徴と本能や習性からくるコミュニケーション能力を考慮したうえで、人と犬が快適に暮らせる住まいを求めたら良いと考えます。
寒さに弱かったり、よく吠えたり、またしつけの部分でも粗相をしてしまう子、拾い食いをしてしまう子…
犬種や愛犬の性格によっても住まいの改修内容をかえると良いですね。

愛犬の落ち着く場所の確保が重要

一般的には、くぐり戸の設置、床の滑りを軽減するコーティングなどがありますが、愛犬の落ち着く場所を確保してあげることも愛犬がストレスを感じず、快適な暮らしをおくるうえで重要でもあります。
「隅の効果」と言い、犬のもつ習性から空間の中に好んでとどまる位置というものがあり、あまり広すぎずケージ位の広さの中が落ち着くこともあるそうです。

消臭については安全性も考慮に

また暮らしの中で愛犬家の多くの方が気にされている家の中のにおいですが、お勧めとしては、消臭効果も高く、調湿効果、マイナスイオン効果、防カビ防菌効果、化学物質吸着効果などの良い点を兼ね備えた、室内環境改善用木炭塗料というものがあります。
液状活性触媒炭 液状なので、室内の壁や天井に塗ることが出来るものです。住まいそして家族の健康をサポートします。

においを消臭するという事では、手軽に買う事が出来る消臭スプレー等がありますが、犬にとって有害な物質が入っているものもあります。愛犬が、舐めても安全な商品を選んであげる事を希望いたします。
愛犬と共に快適な住まいで楽しい日々をおくりましょう。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop