限界を超えて働く、女性に多い「120%病」とは?

 | 産業カウンセラー
自念 真千子

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

男女雇用機会均等法から30年。女性は働きやすくなったか?

父娘で争う大塚家具、骨肉の争いを避ける事業承継男女雇用機会均等法ができて、今年2016年は30年目の節目となります。この法律が施行される前は、女子社員はできる仕事の範囲も限定され、残業も休日出勤はほとんどなく、その代り給与も男性の7割から8割程度であったように記憶しています。

法の施行により、今までなかった「総合職」という職種が生まれ、女性の仕事内容も大きく変わりました。男女の差なく仕事の幅が広がり、能力や結果で評価をされることとなりました。しかしこれは、「家庭と仕事の両立」を、ひいては真の意味での「共働き」社会を導くようなものでなく、女性が男性並に働くことを強いるものであったように感じます。
社会・会社から認めてもらうために、残業や休日出勤、接待も男女の性差なくこなし、男性が100働くところを女性は120働くことでその存在意義をアピールする。
時代の恩恵で今の肩書がある、などの評価に対し、自分の価値が下がってしまうことを気にして、必死になって働いてしまう訳です。

実態はむしろ逆のように感じます。キャリアカウンセリングで訪問する企業の幹部の方は、「女性社員の方が実際にはよく働きます。女性の方が男性より能力が高いのかな」などと話されることもあります。

頑張って働く女性にとって幸せな社会ではない現実

実際のケースでは、どこまで頑張って働けばよいのかわからずに、とにかく前だけをみて頑張ってきた女性が、ふと年賀状などで友人女性の夫・子供たちと並んで幸せそうに笑っている姿をみた時に、「普通の幸せ」を手にいれることができていない自分に対し、今までの頑張りに意味があったのかと落ち込み、言いようのない孤独感に苛まれる時がある、と相談に来られたこともあります。

お話を聴かせて頂くと仕事、上司のこと、会社などの話から、最後はやはりご自身の話になります。そして、今まで随分と頑張ってきたことや、やってきた仕事には意味があったことなどの話をしてもらい、それを伺っていると、ほとんどの方は涙を流されます。そしてその後、問題解決には至っているわけではないのですが、それでも「すっきりとした気持ちになりました」と職場に戻っていかれます。

周りを気にせず自分の想いを語れる場所が必要

この涙を流すほど「自分のこと」を語る場所をもつことが、「120病」とよばれるものの自己解決方法なのかもしれません。己のことを語れる場をもつことが、頑張ってしまう人のひとつの救いになるのではないでしょうか。
最近は、職場内も複雑な人間関係になってきており、なかなか素の自分を出せるところではありません。無理して職場内でみつようとせず、全く関係のないそして守秘義務を守ってくれるところで自分の想いを語れるところを探すのも一つの手段です。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop