高スペックでも中年男女は婚活で苦戦 そのわけとは?

 | 結婚コンサルタント
影山 頼央

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

高スペックでも婚活で苦戦の中年男女

クールビズの秋冬版!「ウォームビズ」に適したビジネスシーンでの装い皆さんは高スペックであれば年代にかかわらず、婚活も余裕だと思っていませんか?
とかく仕事で大切な時期と婚活適齢期は被りがちなもの‥

私の元には「仕事に邁進していたら、いつの間にか結婚適齢期を逃してしまった。」というご相談が絶えません。

今日は現場に籍を置く結婚相談所の仲人しか知らない「高スペック中年男女が婚活で陥りがちな苦戦理由」について触れていきたいと思います。

そもそも婚活における高スペックとは?

おそらく婚活における評価基準は一般的な認知と大差無いでしょう。

主なものとして、男性の場合は年収含む社会的地位と学歴。女性の場合は容姿と年齢が挙げられます。

今回は中年の方にしぼってお話しをさせていただくので女性の場合は容姿だけになりますね。とても厳しい現実です。
テーマ的に男女共に「社会的地位と学歴」とさせていただきます。

実力主義の現場を勝ち抜いてきた方は仲人をなかなか信用できない

高スペック男女の特徴に、アンテナが高く(情報収集能力に長けている)、理論武装を欠かさないという点が有ります。
社会生活ではとても重要な能力ですね。
しかし、その能力は婚活では邪魔かもしれません。

なぜならば現代における主な情報の源泉であるネットに書かれている婚活の情報はノイズに溢れているからです。
たとえ優秀な方でも、情報の取捨選択は非常に困難だと言えるでしょう。
私もよく「実態に則していない、このガセ情報は何処から得たのだろう?」と考えさせられる事が有ります。

また、恐らく高スペック男女が「仲人の多数を占める社会経験の無い仲人おばちゃん」に心を開く事はないのではないかとも考えています。
それどころか、心の中ではバカにしている節はありませんか?
日々仲人おばちゃん達とやりとりをしている私からしますと、こと婚活においては、圧倒的に理論武装高スペック男女<<<仲人おばちゃん(性格は真面目と仮定)だと感じます。

それは婚活の正しいデータがネットには出回っていないから、また結婚経験に関しては原則仲人おばちゃん達の方が勝っているからです。
仲人と信頼関係が築ける人と築けない人とでは圧倒的な結果の差が出ます。
仲人も人間です。自分のアドバイスに耳を貸さない人には、やがてアドバイスを止めるでしょう。
早期に「仲人が駄目だから結婚できない!」と結論付けている方は思い切って仲人おばちゃんを信用してみてはいかがでしょうか?

高スペックの中でも「個人の限界」を知っていて、普段から「チームの効果」を意識されている超高スペックの方々にはご納得いただけると思います。

高スペック男女が圧倒的に有利なのは婚活序盤だけ

読者の皆様を混乱させてしまうかもしれませんが、やはり婚活において高スペックは有利に働きます。
これは事実です。

ただし、婚活にはステージが有る事を忘れてはいけません。
お見合い成立までの「序盤」、お見合いにあたる「中盤」、交際の「終盤」です。

それぞれのステージには異なる対策が求められますが、高スペックの方は、お見合いは比較的簡単に組めるものの、お見合いから交際に至る確率は平均まで下がる傾向に有ります。
お見合い当日はスペック以外の部分が問われるという事を意識しなければなりません。

また、ここに高スペック男女、特に男性側にありがちな落とし穴があります。
自身は高スペックならではの受益を期待しておきながら、一方で高スペックに群がるお相手を疑ってしまうというスパイラルです。

これは「セレブ専門」をうたっている婚活に集中している傾向なのですが、一度、疑心暗鬼に陥ってしまうと簡単には拭えず、「私のスペックが目当てなのでしょう?」とまで口にしてしまう男性の報告も受けます。

敵を知り己を知れば百戦危うからず

苦戦理由は分かった‥でも、どうすれば良いのか?
ここで1から100までアドバイスするのは現実的では有りません。
まずは「上には上がいる事」を意識してみましょう。
旧帝大を出ていようが上場企業に勤めていようが驕らない事です。

誰しもが知る東証一部上場企業にお勤めの方が、会社の不祥事でいきなりネガティブなイメージを負ってしまう。
はたまた外資に買収されてリストラされることを心配する立場に置かれてしまう。
すべて現実に起きている事です。

敵を知り己を知れば百戦危うからず。スペックの方には今更説明の必要も無い『孫子』の教えです。
「上には上がいる事」を忘れず、婚活を有利に進めてください。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop