整理収納をしっかり行ってミニマリスト生活してみませんか?

 | 整理収納・片づけプロモーター
高橋 和子

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

ミニマリスト生活のためにすべきこと

家具や服など物を最小限にしぼって生活する「ミニマリスト」が注目されています。
憧れるけれど、部屋に溢れている、たくさんの物をどうやって、しぼればいいの?と思う人も多いでしょう。
そこで、ミニマリスト生活のNGケースをチェックしましょう。

1、必要な物と必要でない物を選べない。
2、もったいなくて捨てられない。
3、どこから整理収納の手をつけたら良いのか分からない。

この3つのNGケースの解決方法を考えてみましょう。

1、必要な物を選ぶ事は、ミニマリスト生活の基本です。自分にとって必要な物であるかどうかの判断基準を持つことが大切です。
2、捨てると言う発想をチェンジして、「捨てて活かす」と言う考え方にしてみましょう。ミニマリストもよく使っている、フリマやリサイクル・ネットオークション・寄付など自分以外の必要としている人達に協力してもらいましょう。
3、手際よく物をしぼるには、整理収納のテクニックが必要です。整理収納のスキルに合わせて、小さな場所から、物をしぼってみましょう。

ミニマリスト生活のための整理収納テクニック

そこで、ミニマリスト生活を実現するための整理収納テクニックを解説します。
まず、いきなりリビングからでは、しぼる物が多すぎて難しいかもしれません。
下駄箱や冷蔵庫といった、箱型で区切られている場所は、整理収納しやすい場所でもあります。

下駄箱とクローゼットを例にして、実際の手順を紹介します。
靴は、どんなに好きでも履きづらければ、手放せるので、選ぶ対象をしぼり易いアイテムです。

下駄箱の整理収納

【下駄箱手順】
1:靴を全部出します。

2:自分にとって必要な靴を厳選します。
ここで、大事なのが、靴を減らすのではなく選ぶと言うことです。自分で選び取った物には、愛着も湧きます。
色々なシーンに合わせやすい靴を選べば失敗は少ないでしょう。

3:選んだ靴を下駄箱に戻します。
下駄箱収納の基本的テクニックとしては、下駄箱の最下段には、サンダルなど湿気が付きにくい靴をしまいます。
ブーツは、湿気が付きやすいので最下段には入れません。
下駄箱収納の問題点としては、家族の靴や季節の靴が混在していることです。家族別・季節別に収納することで使いやすくなります。

クローゼットの整理収納

【クローゼット手順】
1:服のみ全部出します。

2:必要な服のみ残します。シンプルでどんな服にも合わせられる服を選ぶとコーディネートしやすくなります。

3:クローゼットに服を収納します。
布地の服は、ハンガーにかけて収納。編んであるセーターやシワが気にならないカットソー・Tシャツなどは、たたんで収納します。
服は季節別やアイテム別に分類して、収納することが基本テクニックです。
靴や服の選ばれなかった物で、汚れていたり、壊れている物はこの際捨てます。
その他の選ばれなかった物は、「捨てて活かす」発想で、フリマやリサイクル・ネットオークション・寄付など、必要としている人に活用してもらいましょう。

全ての物の整理収納は、1回で完成しようと考えずに、完成するまで、何度も見直しをします。
自分の理想のミニマリスト生活を目指して、何度も整理収納に、トライしましょう。

また、全部物を捨ててスッキリさせる事を主眼にするよりも、自分にとって心地よい物を選ぶことが、成功の秘訣です。
自分の好きな物だけに囲まれた生活は、ミニマリストだけではなく、全ての人にとっての理想の生活でもあります。

物が簡単に手に入り、物が溢れた生活をしている私たちにとって、ミニマリスト生活は、物に支配され振り回されるのではなく、自分の意思と考えで物を選び取って行く、使いこなして行くことを教えてくれている魅力的な生活です。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop