「誕生日に自殺が多い」との研究結果から学ぶこと 

 | 心理学博士・臨床心理士
村田 晃

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

誕生日に自殺は50%増という研究結果

大阪大学と米国シラキュース大学の研究者が、「誕生日には他の日より自殺や事故によって死亡する人数が多いことが判明」との研究結果を、学術誌「Social Science & Medicine」に発表しました。

この研究の概略は次のとおりです。
死亡者の「誕生日と死亡日の関係」に注目し、1974年から2014年にかけての40年間の日本の人口動態調査の死亡票を用いて統計分析を実施。分析対象としたのは、その40年間に自殺・交通事故死・溺死・窒息死・転落死した人(総数約207万人)。その結果、誕生日に死亡した数は約8000人、一方で誕生日以外の死亡者数は約5700人(平均)。
さらに死因別に分析したところ、誕生日の影響が最も強く見られるのは自殺で、誕生日に50%増、また交通事故死、溺死や転落死も誕生日に20~40%増。

まとめとして研究者は、この研究結果は、自殺リスクの高い人が誕生日を迎える際に家族などの周囲が特別の注意を払ったりサポートすることの必要性など、今後の自殺予防対策を考えていく上で重要、としています。

「birthday blues(誕生日の憂鬱)」の要因とその対処法

この研究は、従来から欧米などで言われているいわゆる「birthday blues(誕生日の憂鬱)」仮説を、大規模なデータを使用して日本でも当てはまると実証的に示したことに意義がある、といえます。
それではなぜ多くの人が誕生日に自殺しようとするのでしょうか。またそれを防ぐには私たちはどうすればよいでしょうか。
まず「誕生日の憂鬱」を引き起こす要因としては次のようなことが考えられています。
(1)誕生日が老いの自覚とそれへの恐れを感じさせる機会となること
(2)期待の不一致の確認の機会となること(過去一年間に自分が行ったことを振り返らせる機会になり、もし期待通りにものごとが達成されていなければ自身への失望感を生む)
(3)「誕生日は祝わなければならない」との社会的圧力や周囲の期待があり、それに乗れない場合心理的な重荷になり孤独感に陥ること。

そして、これらへの対応策として専門家は以下のアドバイスをしています。
(1) 今年を特別な年にしようとして具体的な計画を立てる(小旅行・新しいことを学びにカルチャースクールに行くなど)。
(2) 過去一年間に達成できなかったことに焦点を合わすのではなく、小さなことでも達成したことに焦点を合わせ、自分自身を価値づける。
(3) 「誕生日は楽しくなければならない(Happy Birthday!)」と考えない。誕生日に気分が落ち込むこともあると受け入れる。

「年齢による記念日」に過度の意味を持たせる日本文化の影響

私は今回の日本での研究結果が、他国での研究結果と比べて誕生日の自殺が余りに突出していることから、何か日本特有の要因があるのではないかと考えています。
それは、いわゆる「記念日(anniversary)」に過度の意味を持たせる日本文化の影響ではないかと思っています。
なぜならこの傾向は、日本文化の中で特に年齢に大きな意味を持たせることとして浸透しているからです。
例えば、いわゆる「厄年」や「還暦」の考え方がそうでしょうし、最近では「アラフォー(40歳前後)」の流行語にも見られます。

年齢を一つの指標・転機とするのは、現象を大きくとらえたりする場合には意味があるでしょうが、しかしこの年齢による基準を、個人差を無視して一律にすべての人に当てはめようとするのは弊害があると思います。
というのは、一定の基準を押し付ける社会的価値観・風潮が、ある個人には心理的な重荷・ストレスとなり、引いては「誕生日に自殺が多い」要因の一つになっているのでは、と考えるからです。
発達心理学でも、発達・成長には暦の年齢だけによらない個人差が大きいとの視点が確立されており、暦年齢に必要以上の意味を持たせない考え方を持つことが大事と考えます。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop