SNSへの依存とトラブルを起こす中高年が増えている理由とは?

 | 心理カウンセラー
青柳 雅也

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

若者のみならず広がりを見せるスマホ社会

c087275192da77a069014b0b43a9bacb_mいつの間にか携帯電話といえばスマホの世界になりました。
電話にカメラの機能がついて、人に送ることができるというのがセンセーショナルだった頃は、遠い昔のようです。
もはや、携帯電話としての機能のみならず、ゲーム機、ナビゲーション、パソコン、銀行振込、TV、音楽プレイヤー、様々な機能が集約されている機器になりました。
そして、人と人のコミュニケーションの中心に君臨したのが、スマホを通してのSNSではないでしょうか。
昨今、中高年にも広がりをみせているSNSですが、実は中高年ほど、さじ加減がわからずSNSにのめり込み、そして心への負担になっているというのです。

初心者マーク故に…

若者たちにとって、SNSというツールは自然に馴染んでいるものであって、「友達」と「SNS上の知り合い」のような区別は自然とついています。
ところが、リアルな対話のコミュニケーションや手紙、電話というツールを経験してきた中高年にとっては、SNSというのは初心者マーク同然のコミュニケーションツールです。
かつて使ってきたコミュニケーションツールにおける「礼儀」たるものが、そのままSNSに継続されてしまうことがよくあるのです。
・早く返事をしなければいけない
・等価分のお返し
このような「礼儀」をSNSに適用したらどうですか?
それは自分に対して重荷になってしょうがないですよね。
若者が”イイネ”を押すのに、本当にいいのかどうか考えることなんてそうそうありませんが、それは自然にできていることなのです。

若者の「依存」のそれとは違う負担

若者がスマホやSNSに依存しまうのは、認められたい(承認欲求)、誰かとつながりたい(親和欲求)が満たされることで脳内に”快”を感じるホルモンが出るからです。
仕組みや文化を理解しているので、イイネがついている数や赤色のバッジ表示に”快”を感じるのです。
しかし、中高年にとっては仕組みや文化は馴染んでいないことです。

しかし、スマホやSNSに手を伸ばすのは何故だと思いますか?
そうですね。「つながりたい。」ただその気持ち故の行動です。
息子や娘かもしれません。孫かもしれません。
中高年がスマホやSNSの機能を“オマケ”程度にして無理に使わないほうが私はよいと思います。
自分が大事にしてきたコミュニケーション文化の良さを逆に若者たちに伝えていくことは、とても価値のあることですよね。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop