女性の社会進出と未婚率の上昇 幸せな結婚をするには何が必要?

 | 仲人士
吉田 明子

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

女性の社会進出と並行して生涯未婚率も上昇中

245f301fcb82d2f6029158ce861e190d_mやりがいのある仕事を持っている女性にとって、「結婚」のタイミングは難しいものかもしれません。
男女雇用機会均等法が施行され約30年になりますが、女性が働く環境は十分であるとはいえず、「結婚」「出産」「子育て」のタイミングは難しいですね。

生涯未婚率は年々上昇傾向にあり、年収の高い女性ほどその率が高いというデータがあります。
しかし「結婚したい」のにできないのか、「結婚しない」ことを選択したのか、そこをひとまとめにはできません。
「誰もが結婚するのが当たり前」ではなくなり、生き方が多様化している中で、すでに「結婚しない」ことを選択した方に結婚をすすめることはできません。
けれども「結婚したい」という思いがあるのなら、結婚してみればいいと思います。

アラフォー女性が条件からお相手を探すと婚活は難しいものに

アラフォーになった女性たちが、出産のリミットを感じ、結婚相談所にかけこんでくるケースは、とても多いのですが、そこからの婚活は容易ではありません。
一番邪魔をするものは「こんな条件のお相手でなければ」という思いです。

女性は上方婚志向が強く、学歴や年収にポイントをおいてお相手を選びがちです。
しかし、アラフォー女性がターゲットとする男性は、もっと年下の女性をターゲットとしている場合がほとんどです。

お見合い婚活では、プロフィール書で容姿、年収、学歴、身長などがわかりますので、どうしても三高の男性に目がいってしまうようです。「三高のプロフィール=自分にとってのいい人」だとは限らないのに。

あなたが幸せを感じられる選択をしましょう

男性が外で働き、女性が家を守るという考え。
それも素敵ですが、お互いが外で働き、家事、育児も分担するカップルも増えています。
高収入の女性が働き、低収入の男性が家事をするといったスタイルも考えられます。

今、あなたが思い描いている、理想の結婚はどんな感じでしょうか?
しかしそれは、あなたの中の理想であって、お相手にとってはそうでないかもしれません。
だったら、お相手をまず決め、ふたりにとって心地よい結婚の形を考えていければいいですね。

「一度は結婚したかった・・・あのときしておけば。」と後悔のないよう、ちゃんと出会った上で、それでも「結婚しないことを自分で選択した」と納得したいですね。
先走って、いろいろ考えすぎて、手に入れたいものをあきらめたり、興味のないふりをするより、まずは、やってみてから。

仕事か結婚かの2択ではなく、「結婚したい」と思うお相手に出会い、「仕事」も「結婚」も両方手に入れる方法を一緒に考え、実現しましょう。
ご存じのように婚活は35才を過ぎたら選びたいと思う人から、選ばれにくくなります。
「結婚したい」という思いがあるなら、それまでに婚活をはじめるといいですね。

時期、お相手も含め、「結婚とは、こうでなくては。」と、思い込まず柔軟になることが大切です。
仕事を優先するあまり、タイミングを考えすぎ婚期を逃さないように。
出会いを楽しみ、あなたが、幸せを感じられる選択を。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop