ドラマ逃げ恥に学ぶレッテル貼り

 | 心理カウンセラー
青柳 雅也

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

恋ダンスでも話題になった「逃げるは恥だが役に立つ」

皆さんは恋愛してますか?
20代の独身率が60~70%といわれている現代です。
10月からスタートした新垣結衣主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の人気が話題となっています。
初回は10.2%からスタートした視聴率ですが、口コミでじわじわと広まり、視聴率は上昇の一途を歩み、初回の見逃し動画の再生回数も110万回突破、エンディング「恋ダンス」のYouTube再生回数は500万回を超えるなど、巷ではちょっとした「逃げ恥フィーバー」が巻き起こっています。

ストーリーの概要は、新垣結衣演じる「職ナシ」「彼ナシ」「居場所ナシ」の主人公森山みくり(25)が、星野源演じる恋愛経験ナシの独身サラリーマン津崎平匡(36)に「妻」として雇われ、「契約結婚」(事実婚)をするという新感覚の社会派ラブコメディです。
このドラマから、「レッテル」について私はあらためて気づかされました。

貼られると嫌なレッテルなのに

「レッテル」というのは貼られると嫌なものです。
「〇〇だから」という勝手なラインを引かれてしまうのは、とても理不尽に感じますよね。
かつて「女性だから」といわれた不公平は、現代社会では様々なことが平等になりつつあります。
しかし、女性だから…というのは減ってきていますが、意外にも男性だから…というのは変わらずあるものです。

このドラマの主人公の男女二人が、火曜のハグの日に(※詳しくはググってくださいw)
抱き合って、二度目のキスをしたときに。
「いいですよ私は。平匡さんとなら、そういうことしても…。」
「ごめんなさい。無理です僕には。そういうことがしたいんじゃありません!」
この反応に、私も含む視聴者の皆さんは、「男のくせに何言ってんだ!?」と、きっと大ブーイングだったに違いありません。

でも考えてみてください。
上記のセリフのやり取りが、新垣結衣さん演じる可愛い女性と、星野源さん演じる生真面目な男性のセリフが逆だったら?
物語的にえーってなるかもしれませんが、「女のくせに何言ってんだ!?」とはなりませんよね。
私たちは、自分がレッテルを貼られるのが嫌なのに、簡単に「〇〇のくせに」「〇〇なのに」とレッテルを貼ってしまうという、それを感じさせる面白いシーンだと思いました。

自分自身に貼るレッテルは自分の可能性を狭めることにも

また、家事は苦手だと思っていた平匡が、みくりと餃子を作りシーンで、意外と上手にできてしまうシーンがありました。
「自分は〇〇だ」と自分自身に貼ってしまうレッテルは、自分の可能性までも狭めてしまうことがわかります。
人は、自分のことは自分で”とてもよくわかっている”と思っています。
なので、自分で自分に引いてしまっているボーダーラインに気づきにくいのです。

「〇〇は苦手だから。」「歳だから。」本当にそうでしょうか?
他者に対しても、自分に対しても「レッテル」というものを貼ってしまうと、可能性や本質を見るということを曇らせてしまうことに、このドラマから学ぶことができますね!

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop