日本の生徒の読解力低下 読解力を育む本質とは?

 | 塾教師、歌人・小説家
小田原 漂情

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

日本の生徒の読解力が低下

               
経済協力開発機構(OECD)による国際的な生徒の学習到達度調査であるPISAの2015年の結果として、日本の生徒の「読解力」が、前回の4位から8位に低下したということが報じられました。
この調査は2000年(平成12年)から3年ごとに行なわれ、読解力で日本は初回が8位、以後14位、15位、8位、4位と推移して、昨年また8位に後退したという結果です。
ただし全参加国数(母数)は回によって異なっており、また2015年はコンピューター使用型となって、「漢字圏の生徒に不利がなかったか」という指摘もあるようです。

調査初回の2000年は、あの「ゆとり教育」完成の直前の教科書改訂年でした。
すでに90年代、「読解力の低下」が指摘されるところとなっていましたが、その第1回、日本は8位だったのです。
2002年からのゆとり完全施行後の2003年が14位、2006年には15位となって、国語教育に携わる私も、大きな衝撃を受けました。
その後は改善のための取り組みが進められ、母数が大きくなる中で、順位も向上していました。

ICT機器の充実による語彙力低下が読解力低下を招くことに

ではなぜ、今回またそのことが、はっきりした結果となって表れたのでしょう。
先に引いたシステム面の変更もあり、一概には言えませんが、私見を述べれば、「改善の取り組み」そのものが「テスト結果向上のための取り組み」であり、また近年「ICT教育」が重視・強化されていることと、関連があるように思います。

また今回のPISAの結果報道の中で「語彙力の低下」も挙げられています。
読解力の低下が指摘される時、必然的に「読書量が減った」ということがあわせて報じられますが、00年代から10年代にかけては、「読書量」そのものより、「語彙を減らす」方向に、世の中のシステムが大きく変わって来ていることの方が、より大きな要因だと言えるのではないでしょうか。
JIJICOでも以前に書いた通り、漢字が覚えられない、電話番号を認識する必要もない、など、スマートフォンを筆頭とするICT機器の充実が、「語彙力低下」の一因であることは、想像に難くないのです。

本質的な読解力の向上に向けた枠組みを作ることが急務

もちろん私はここで「ICT教育」自体を否定するものではありません。
ICTの飛躍的な発展と、そのために教育現場で可能になったことのメリットには、限りないものがあります。
数学の空間図形や地理の図表・グラフなど、使ってみたいものもたくさんあります。

ただ、便利なものの背中には、必ずその逆の面があります。
国語教育、読解力向上という局面では、ICTの利点は逆に、マイナスになることもあるのではないでしょうか。
それはICTを利用することに弊害があるのではなく、その利便性の一面に寄りかかることから、国語を学ぶ上で本来重要であることがらが、なおざりにされることで生じると思われます。
本来、「読解力向上」の決め手は、数多くあるすばらしい文章を、その音韻=言葉のしらべの面からしっかりとらえ、「心」の部分で内容に寄り添っていくことにあります。
この時大切なことは、「行間を読む」など、直接的には表されていないところまで読めるようになることです。
ICTの活用でも、そうしたアプローチはできるはずですが、「お膳立て」された仕組みの中を進むだけになってしまっては、文章から何かを受けとめ、自分の考えを組み立てていくことはできません。

また「語彙力低下」にばかり目が行って、それだけを追い求めるような用い方に走ってしまうと、逆効果になるでしょう。
センター試験に代わる新テストの内容・方向性も気にかかりますが、国語の本質を外さない方向で、読解力の向上に取り組んで行く枠組みを作ることが、急務であると考えます。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop