写真のプロが解説 子どもを可愛く撮る方法

 | 家族写真家 フォトグラファー 写真教室講師
宮本 博文

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

子どもを可愛くカメラに収めるには

aa0d9809a984d9b7c359a17855be1a54なぜこんな表情の写真が撮れるんですか?
私は毎年500名以上のお子様を撮影しています。
子供の笑顔を引き出す自信はあります。
撮影は写真のプロである前にお子様と「こころ」を通わせるプロである必要があると思っています。
そうでなければ本当にリラックスした良い表情を引き出すことはできません。
ここで私が普段、お子様と接する際に、心がけていることを「親でも見たことがない自然な表情を撮影する子供を撮影する5つのポイント」としてご紹介したいと思います。

1.子供の目線で会話を始める

コトバではなく、笑顔で会話をする。
おかしな顔をしたり、まず撮影者である私が笑顔を見せる。
目線の高さを合わせる。顔の側でにっこり笑ってあげる。
そのことでお子様とすぐに仲良くなることができます。

2.好きなおもちゃや音を見つける

男の子の場合は七五三の時には刀などのおもちゃ、女の子はぬいぐるみ、赤ちゃんはタンバリンに非常に反応します。
いろいろなおもちゃを見せて、反応を探ります。
そのおもちゃに集中してもらって撮影します。
最初はいかに一緒に真剣に遊ぶかが大切。
この真剣にというのがポイントです。
写真はたまたま撮影しているだけでその時間は子供と真剣に遊びます。
遊ぶ時は、私は子供よりも真剣に遊んでいます。

3.体に直接触れる

直接そっと体に触って安心感を与えます。
触られることは子供にとって安心感があります。
強引な触り方ではダメです。
小さい子でも何度も何度も、ぎゅっと抱きしめてあげます。
そうするといろいろなことをお話してくれるようになります。
抱きしめることで、私のぬくもりを感じてくれるのでしょう。
抱きしめている時は親以上にその子供を瞬間的に愛していると思います。
その時はおじいちゃんの気分かもしれませんね。

4.ご家族と一緒に撮影を進める

自分だけで子供の撮影が全部できるわけではないと思っています。
私が代表を務めている栄光社の理念は「家族の絆」を大切にすることなので、ご家族も一緒に撮影にご協力をいただいております。
親は子供の傍観者ではありません。
ご両親にも子供の良い表情がでるように協力をしてもらいます。
そのことでお子様の良い表情が引き出され、「家族の絆」が溢れた写真が出来上がるのです。

5.子供の自然な行動に合わせる

子供の気持ちを大切にします。
お子様が遊びたければそこで遊んでもらいます。
お話がしたければお話終わるまでずっと聞いてあげます。
子供の自然な振る舞いや仕草に合わせることで、最高の表情や普段のありのままの自然さが撮影できるのです。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop