GPS機能は高齢者の徘徊を減らすことができるのか

 | 社会福祉士
中原 崇

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分

認知症高齢者の徘徊が社会問題に

平均寿命が延び高齢化が進む中、認知症高齢者の徘徊は社会問題の1つとして課題となっています。
そのような中、GPSやQRコードを用いた徘徊対策が商品化されてきました。
このような機器を用いることによって、実際に徘徊を減少させることができるのでしょうか。

認知症高齢者が徘徊をした際に伴うリスクはいくつかありますが、ここではしばしば発生する2つのケースとそれにGPS機能を持った商品がどのように対応するかについて紹介したいと思います。

徘徊により行方不明になるリスクに対応

1つはどこに行ったかがわかならなくなり、介護者は捜索に困難をきたすということです。
認知症高齢者は予期せぬタイミングで徘徊を始めます。
中にはしばらくしてから、自分で戻ってくる方もいますが、帰り道がわからなくなって保護をされたり、途中で事故に遭ったりすることもあります。
そういった意味でGPSが組み込まれた靴等は、本人の居場所をリアルタイムに把握でき、介護者にとってみたら心強いでしょう。

身元がわからないリスクに対応

2つ目は身元がわからないリスクです。
高齢者の徘徊が社会問題とされる中、住民の理解も高まってきています。
そのため、認知症と見られる高齢者が不審な行動をとっていると、手を差し伸べてくれる方々も多数おられます。
こういったケースは警察に保護をされることが大半ですが、本人の身元がわからず家に帰られなかったり、介護者等への連絡に時間がかかることが多々あります。
そのような際、身元特定に役立つQRコードシールが衣服等に貼られていると、親族等に迎えにきてもらう際に助かります。

このようにGPSやQRコードの活用など、ハイテク機器を利用した認知症対策商品は、高齢者の徘徊対策として、期待ができる要素が高いと思われます。

地域での見守りも引き続き重要に

一方で、少なからず課題も見受けられます。
それは、これらの徘徊対策機器も本人が身に付けていなければ効果が発揮されないことです。
靴・カバン・衣類等にGPSやQRコードを取り付けるなど、介護者側は様々な対策を講じますが、本人がそれを身に付けて外出をするとは限りません。
また、身に付けて外出をしたとしても、カバンや衣類等は外出先で紛失することもあり得ます(店内で上着を脱いで、忘れたまま店を出る)。
そういった意味では、「町でみかける不審な行動をとっている高齢者は徘徊している可能性もある」という私たちの意識の持ち方も引き続き大切になってくるかと思います。

専門家に詳しい記事を書いてほしい悩みや困りごとはありませんか?

JIJICO編集部では、悩みを抱える読者の皆さまと、それを解決することができる専門家をつなぎ合わせ、世の中から「困った!」を無くしていくサポート役を担って参りたいと思っています。

いま、皆さまご自身や、皆さまの身近な人たちが抱えている「解決したい悩み・問題」について、ぜひ編集部に声をお寄せください。

「こんなことについて詳しく知りたいんだけど誰に聞いたら良いか分からない」
「こんな問題で困っているけど、詳しく書いてある情報がなかなか見つけられない」

このような皆さまのご意見を集約し、最適な専門家を選んで、そのテーマについて詳しくふれる記事を作成していきます。JIJICOの記事を通して、読者の皆さまの問題解決のお伝いができれば幸いです。

今、気になるニュースを専門家が解説!メールアドレスを入力するだけで毎朝届きます。

Facebookコメント

PageTop