専門家プロフィール&記事一覧

鈴木 あづみ

鈴木 あづみ個別療育・児童発達支援管理責任者

個別療育塾ありあんち

高校生時、「ともにゆたかに」のキャッチフレーズのもと、障害児の余暇活動の充実を目指した学生ボランティアグループに入会し活動。そこで現在の原点を築く。大学在学中より教師になる夢の実現のため大手進学塾の講師を経験。小学生から高校生までの集団および個別指導を担当。 大学卒業後すぐに東京都の公立小学校に勤務。3年間の通常学級担任の後、10年間特別支援学級の担任を務める。その頃療育の存在を知る。療育を学ぶため教職を辞し、民間の療育機関で応用行動分析を用いた療育を学び、児童発達支援管理責任者として勤務。その後、働き方ややりたい方向性を見直すために療育機関を辞し、2015年2月「個別療育塾ありあんち」を開設。

鈴木 あづみの記事一覧

PageTop